離婚したときのこと

MENU

離婚したときのこと

私は26才で結婚しました。
そのころ、バブルの頃で大きな会社の経理の仕事をしていた私は、
周りの女性社員がドンドンと寿退社して行くことに焦りを感じていました。

 

まともに恋愛経験のない私が選んだのは、同期入社の友人から「誰かいい人いたら紹介して」と
頼むということを繰り返すことでした。

 

頼んで忘れ去っていた頃に、友人の彼氏の大学時代の友人を紹介されました。
その人は、大手通信会社の仕事をしていたこと、
家が利用している電車の駅が三個しか離れていないことからお付き合いが始まりました。

 

二年程は楽しくデートしたり楽しく時間を過ごすことができました。
三年ほど経った時、結婚の話がでました。
その条件は、彼の両親との同居でした。

 

私の親は、その事に関して懸念を抱いていました。
それは、私の父が彼の両親に会ってからです。
特に彼の父親の言動には目に余るものがあるから、結婚は考え直した方が良いと言われたものの、
既に婚約していたので、干渉しないことを条件に結婚しました。

 

結婚してから、違和感を感じていました。
それは、義父が勝手に私達の部屋にノックなく入ることでした。

 

私はこれをきっかけにギクシャクした関係になり、夫に伝えても親の言いなりという日々が重なり、
ある日、私は手紙一枚置いて家を出たのです。

あなたのお住まいの地域で、離婚専門の弁護士を無料でご案内いたします。